0泊3日の伊豆・沼津旅行

2017.04.24.21:55

金曜日夜に夜行バスで梅田を出発して、三島に翌朝6:20頃に着く。

のっぽを食べて一息入れてから、伊豆箱根鉄道の電車を撮影。
(お目当てのラッピング電車含む)
 → 伊豆の国のド派手な電車追っかけて

一通り撮影した後は、修善寺へ向かい鉄道むすめのスタンプを押す。
IMG_2706_R.jpg 

IMG_2707_R.jpg
修善寺温泉の玄関口だが、温泉目的ではないので温泉はスルー。
(温泉街は少し離れているので、バスかタクシー必要)

スタンプ↓
IMG_2797_R.jpg
(用紙は折りたたんでいる。32マスある。ようやく半分いったかな。)

お腹すいたので椎茸そばをいただく。
IMG_2708_R.jpg

改札口
IMG_2721_R.jpg

IMG_2709_R.jpg 

スタンプ押した後は、停車中の電車を撮影 → 伊豆の国のド派手な電車 part2
一通り、撮り終えた後は伊豆長岡駅へ向かう。

IMG_2702_R.jpg 

世界遺産の韮山反射炉への最寄り駅でもあるが、目的ではないので行かなかった。
ここからは、沼津市の内浦を目指す。

ラッピング電車のアニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』の舞台になった所だ。
いわゆる聖地巡礼と言うやつ。近くに来たからには行ってみないとな。

伊豆・三津(みと)シーパラダイスへ行く伊豆箱根バスに乗る。

IMG_2703_R.jpg

運よく、ラッピングバスに乗れた。
IMG_2748_R.jpg

バスの中は撮ってません。お察しください。

さて、内浦はおおよそこの辺にあります。
沼津から行くバスもあります。
0422map2.jpg

uchiura-map.jpg 

雰囲気を味わうために、ざっくりと徒歩で行ける範囲を周った。

(地図の左の方にある長井崎中学校は、アニメの高校「浦の星女学院」のモデルとなったところだが、さすがに今回は行きませんでした。)

安田屋旅館は主人公の家のモデルとなっている。
DSC00891_R.jpg 

DSC00889_R.jpg

沼津から来た東海バス(ラッピング仕様)
DSC00893_R.jpg

内浦は漁港なので、駿河湾の新鮮な魚が味わえる。

昼飯は海鮮丼にした。
IMG_2761_R.jpg 

ちょうどその頃、眠気がピークとなり、寝てしまいそうになった。
夜行バスで良く眠れなったからだ。

このあと、コンビニで眠眠打破を買って飲んで、散歩したら幾分か回復した。
初めて、眠眠打破の効果を体験できた。

昼飯後は歩いて、三の浦の案内所を目指す。

DSC00899_R.jpg 

案内所の入り口
DSC00898_R.jpg

観光案内所(一応)ですが、もはや何の案内所か分からなくなっている。
DSC00897_R.jpg

最寄の長浜バス停から沼津駅へ向かう。

またもやラッピングバスに乗れた。
ここの事業者(東海バス)は前から乗って前から降りるという変わった方式になっている。
IMG_2776_R.jpg 

バスはどの会社もICカードが導入されていないので小銭がたくさん必要で困る。

時間は十分あったので、途中のあわしまマリンパークに寄り道。
ここも「ラブライブ!サンシャイン!!」との関わりがあるところだ。

島の中にに水族館がある。

DSC00902_R.jpg 
(ロープは、廃止されたロープウェーのもの)

島なので、船で渡るしかない。
DSC00906_R.jpg
船もラッピング仕様。
推しが強すぎる。私はこういうの嫌いじゃないけど。

DSC00907_R.jpg

水族館としてはそんなに大きくはないが、イルカショーがあったりし、アシカやペンギンもいる。
DSC00925_R.jpg 

DSC00920_R.jpg

DSC00933_R.jpg

他の水族館にはなさそうで面白いのはカエル館かな。
世界各地の珍しいカエルが飼育されている。
DSC00910_R.jpg

DSC00911_R.jpg DSC00912_R.jpgDSC00913_R.jpg

島の中央には淡島神社があるが、
DSC00938_R.jpg 

DSC00939_R.jpg

ここまでで体力消耗していたので、階段を登るのをあきらめた。
DSC00940_R.jpg

あわしまマリンパークには、オリジナルの萌えキャラがいるのだが、サンシャインの方が存在感大きい。
DSC00951_R.jpg 

DSC00943_R.jpg


淡島に別れを告げる。
DSC00958_R.jpg

再び、バスで沼津駅へ。30-40分時間がかかる。

沼津駅周辺をぶらりと周っても良かったのだが、スタンプ集めのために伊豆急行の伊豆高原駅へ行く事にした。沼津から熱海を経由して伊豆高原駅へ。

伊豆急の主力車両 8000系(熱海駅にて)
DSC00962_R.jpg 
元東急8000系の改造車

車内はロングシートとクロスシートと組み合わせになっている。
IMG_2794_R.jpg
そのクロスシートは後で調べると、西武の特急で使われていたものらしい。
(リニューアルした時に出た廃却品)

伊豆高原駅は伊豆急の車庫がある主要駅
DSC00960_R.jpg

IMG_2796_R.jpg
スタンプ押し完了。

ラッピング電車も見れ、鉄道むすめのスタンプも押せて、観光もできた。
やりたかった事は一応すべてできたので、三島へ戻り、大阪行きの夜行バスの時刻まで時間を潰すだけだが、これが結構大変だった。

正直、夕方以降の事を何も考えていなかった。

三島駅周辺は食べる所、遊べるところなどめぼしいものはほとんどない。
帰りは沼津から乗るか、新幹線で帰るべきだったか。
日帰り温泉でもあれば良かったのだが。

そうはいってられないので、沼津行って暇潰し、また三島へ戻ってということをして夜行バスが来るのをひたすら待った。

帰りのバスは行きとまったく同じ車で、運転手の方も同じだった。
1泊2日のローテーションで勤務組んでいるのか。ご苦労様です。

帰りは、疲れているのとバスに慣れたせいで幾分か寝れた。

朝6時30頃に梅田に到着。遅れなく予定通り。
大変疲れたが満足出来た旅であった。
スポンサーサイト

伊豆の国のド派手な電車 part2

2017.04.24.07:20

伊豆箱根鉄道の撮影続き

続いて、鉄道むすめのスタンプを押しに、伊豆長岡から修善寺まで乗車

ここでは、折り返しの電車を撮影。停車時間が長いので撮りやすい。

まずはラブライブ!サンシャイン!!のラッピング電車(第一弾)を。

DSC00833_R.jpg 

DSC00834_R.jpg 

サイドを撮影(ここに載せるのはほんの一部)
DSC00838_R.jpg 

続いてはあれが到着するまでしばらく待つ。
あれとは、派手のほうのラッピング電車『HAPPY PARTY TRAIN』

DSC00848_R.jpg 

コレが来るとどこからもなく、写真のシャッター音がぱちぱちと。
撮影大会の開始ですwww

車内から
DSC00861_R.jpg 
吊り広告はすべて、キャラクター

IMG_2735_R.jpg
ドアの所のステッカーも
キャラの声優さんのサイン、メッセージが書かれている。
(ドア周りの装飾は京阪グループ(京阪、叡山電車)の方が凝っているかも)

IMG_2723_R.jpg
ハートのつり革が一つだけある。
車内のどこにあるかは変わる?

ちなみに、ハートのつり革は叡山電車にもある。

座席はJRの113系、115系と類似
つり革はカラフルだが、京阪みたくキャラクターが描かれているわけではなかった。
IMG_2812_R.jpg
IMG_2811_R.jpg 
(上2枚は夕方に撮り直したもの)

車両のサイドを撮影。
DSC00868_R.jpg 

DSC00872_R.jpg
窓の所に顔がくる様に貼られている。
各キャラクターのメッセージ付き

DSC00879_R.jpg
はなまるうどんとは関係ありませんので(笑)

なお、車内の窓からは外が透けて見えるのでご安心を

DSC00884_R.jpg 

最後に黄色い奴とのツーショット
DSC00886_R.jpg

満足したので、次の目的地へ行くために伊豆長岡駅へ引き返します。

続く

伊豆の国のド派手な電車追っかけて

2017.04.23.22:21

伊豆箱根鉄道の駿豆線

駿豆線の修善寺駅は鉄道むすめのスタンプラリーの対象でもあるので、いずれは行かねばと考えていたが、特製ヘッドマークを付けるという一報を聞いたので、期間中にぜひとも行かねばと、我慢できずに夜行バスで行ってきた。

三島、沼津の方面に行く夜行バスはないか探すと、・・・近鉄バスで沼津、三島を経由して御殿場、小田原へ行くのがあったので予約した。東梅田から乗車(帰りも)

金曜日の夜21:55に東梅田を出発し、翌朝6:20頃に三島に到着。

バスが到着するのは三島駅北口(新幹線側)、伊豆箱根鉄道の駅があるのは南口。
ただし、北から南へ抜ける自由通路はないので、入場券140円買って構内を通り抜けするか、かなり遠回りするしかない。仕方なく入場券を買って通ることにした。

伊豆箱根鉄道 三島駅
IMG_2687_R.jpg 

IMG_2691_R.jpg
ライオンズの広告。伊豆箱根鉄道は西武グループ

乗る予定の電車まで時間があまっていたので、軽く朝食。
ご当地パンの のっぽ。

三島駅、そして沼津駅のキヨスクで販売されている。
IMG_2690_R.jpg

乗る予定の時刻の電車が来た。
いきなり、イエローパラダイストレインが。ツイテいる。
IMG_2692_R.jpg

天気はあいにくの曇り。こちらはツイテいない。

伊豆箱根鉄道は撮り鉄にも人気で、天気が良ければ、富士山をバックにできる所もあるが、どう考えても富士山は見えそうにない天気だったので、それはあきらめた。

いろいろな人の撮影写真とGoogle Mapから行く所を絞り込んだ。
駅から歩いていけて、遮るものが少ない所と言うことで、原木-韮山間に的を絞った。

原木(ばらき)駅
DSC00695_R.jpg
無人駅。
朝7時前と言うこともあり、さすがに人は少なかった。

ラブライブ!サンシャイン!!のラッピング車とのすれ違い。
(こちらは今回の目的ではない。もっと派手なのが目的。)
IMG_2693_R.jpg

駅を出て韮山駅の方向へ歩いて、ポイントを探す。
このあたりは、田んぼや畑が多く、線路と道との間に柵がない。
しかも、架線柱は片持ち式。つまり、電車をさえぎるものがほとんどない。

うっかり、人の敷地に入らないように注意が必要だ。車はわりと通るので、こちらにも気を配らねばならない。

目的の電車が来るまで、練習を兼ねて何枚か撮影。

DSC00700_R.jpg 

DSC00708_R.jpg 

気づかれた方がいるかもしれませんが、ドアにのみ広告ラッピングしている。
(この手は見た事無く、興味深い。)

そうこうしているうちに目的のド派手ラッピング電車が来た。

ラブライブ!サンシャイン!!「HAPPY PARTY TRAIN」ラッピング電車
DSC00721_R.jpg

京阪大津線で走っていた『けいおん!』のラッピング車両に負けず劣らずのド派手外装
もうちよい側面をうまく見せたかったが、難しい。残念。

振り向いて反対方向を。(カーブミラーがかぶった。)
DSC00727_R.jpg

もうしばらく撮影を続ける。
DSC00740_R.jpg

単線とは言え、1時間当たり4本(片道)走っている、電車のバリエーションあるので、見ていて楽しい。
(JRの185系踊り子号が乗り入れているので、待てば撮れるが、さすがにそこまで待てないのでパスした。)

少し場所を移動して撮影。
DSC00745_R.jpg 
7000系

DSC00755_R.jpg
朝一番に乗車した イエローパラダイス

DSC00780_R.jpg
原木駅ですれ違った、もう一種類のラッピング車両

朝早く、天気もあまりよくないので、同業者はおらず気兼ねなく撮影できた。

かのラッピングをもう一回撮影。
DSC00800_R.jpg 

富士山バックで一枚撮れたら良かったが、天気が天気だけに残念。

さて、韮山を通り抜け、伊豆長岡方面へ歩いていく。

道中にある無名踏切と言う名の踏切へ。

名前は無名だが、有名になっている。
Aqoursの3rdシングル「HAPPY PARTY TRAIN」のPVに登場しているからだ。
(ちなみに伊豆箱根鉄道3000系ぽい電車もPVに登場している。)

IMG_2699_R.jpg 

電車とともに一枚。偶然通過したのがこれ。
DSC00818_R.jpg

動く電車撮影はコレでおしまい。

最後にヘッドマーク
DSC00850_R.jpg


アニメキャラクターの誕生日記念ヘッドマークなんてやってる事業者は全国広しと言えども・・・
他にもあったわ。前例が。関西の大手私鉄で。

京阪電気鉄道


次はスタンプ押しに修善寺駅へ向かうため、伊豆長岡駅まで歩く。
長くなるので、ここで一区切り。

続きの話はいずれ。

春の嵐

2017.04.17.18:42

今日は午後からものすごい風雨でした。
暴風警報が発令されましたね。
だから、何?

勤め人には、そんなの関係ねぇ!

これで、桜は完全に散ってしまいましたね。

今年は開花が遅く、つぼみの膨らみ具合も悪るそうだったので、どうなるかなと思ったら、満開にななれば、何のその。どこも綺麗でしたよ。天気はあいにくでしたけど(特に土日)。

花見の方は、いつも行く所や初めての所、いろいろ行きました。(行った所はすでに紹介)

そして、割と近くなのに行ったことない須磨浦公園の夜桜も見に行きました。
この日は寒かったですが、桜はたいへん美しゅうございました。

DSC00509_R.jpg 

DSC00559_R.jpg

須磨浦山上と言えばカーレーター。乗り心地は良くないが面白い乗り物だ。
DSC00496_R.jpg


遠くの有名地へ行くのもいいですが、近くで行ったことないスポットに行ってみると、新たな発見や良さを認識でき、いいものだと感じました。


さて、4月ももう中盤。あと2週間あまりでゴールデンウイーク。
気を引き締めてがんばらないとね。

輝かしい明日に向かって

全速前進 ヨーソロー!!

2017年の花見(その二)

2017.04.10.22:04

4月9日(日)も花見に出かけました。
終日曇り空でしたが、雨に降られず良かったです。

まず、定番の大津へ。

琵琶湖疏水


京阪石山坂本線 三井寺駅近くの橋上は、鉄橋を走る電車が撮影できるスポットです。
桜が満開の時期は桜をバックにして写真を撮る事ができます。
桜が綺麗なこともあり、この日は写真撮る人が多かったです。

京阪700形
DSC00294_R.jpg 

京阪600形
DSC00247_R.jpg

山の中腹にあるのは三井寺の境内です。桜の名所です。

疏水沿いを少し進むと、トンネルが見えます。
ここも撮影スポットです。 

DSC00400_R.jpg

DSC00328_R.jpg

トンネルをアップで撮影。
DSC00336_R.jpg

トンネルの扁額に書かれている4文字は『氣象萬千』(きしょうばんせん)

 伊藤博文 筆
 
 「様々に変化する風光はすばらしい」と言う意味。

ついで三井寺にも参拝。

三井寺


金堂付近
DSC00393_R.jpg 

高台に登るとと遠くに琵琶湖を一望できる。
DSC00353_R.jpg 

DSC00360_R.jpg

DSC00381_R.jpg

三井の釣鐘
DSC00372_R.jpg 

DSC00386_R.jpg 

境内の至る所に桜の木があり、桜の花を楽しめる。

続いても琵琶湖疏水だが、平安神宮、岡崎公園周辺を流れる疏水、通称・岡崎疏水へ。

三井寺から浜大津で京津線に乗り換えて、(京都市営地下鉄東西線の)東山駅に向かう。
浜大津から日本一車両の長い路面電車(笑)に乗って、乗り換え無しで20分ほどで行けるのが良い。

これが地下を走るって普通の人は思いも付かないだろうな。
(これが路面を走るほうが違和感あるか。)
IMG_2583_R.jpg 

(東山の手前に蹴上があって、そこで降りると桜の名所になったインクラインに行けるが、今年は行かない。去年行ったら、人が多すぎてどうしようもなかったもん。)

さて、東山からここから少し歩いて平安神宮の方へ向かう。
さすがに京都市内だ。観光客が半端ない。

岡崎疏水


平安神宮の鳥居をバックに一枚
DSC00417_R.jpg 

遊覧船と桜
DSC00428_R.jpg

DSC00434_R.jpg

DSC00444_R.jpg

川端通りに出て、少し歩くと京阪の神宮丸太駅にたどり着く。

土日の花見はこれでおしまい。

来年は青空の下での花見を期待したい。


プロフィール

HTTひでき

Author:HTTひでき
電車とアニメを愛するアラフォーのおっさんのブログでおま!まぁひとつ見ておくんなはれ。

初音ミク、鉄道むすめも好きですね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
来訪者数