名谷車庫(神戸市営地下鉄)に行ってきた

2017.09.24.19:27

9月の3連休は台風18号のせいで、ほぼ家に引きこもってました。
今週末は当初、天気が悪いという予報でしたが、土曜日も短期良くなりそうだという事で、

昨日(土曜日)は近江鉄道の旅、今日は名谷車庫(神戸市営地下鉄 西神山手線)でのイベントに行ってきました。鉄道三昧の週末です。

近江鉄道の件は、予定外の買い物をしてしまったという事以外書くことないのでやめときます。
(西武グループの子会社(近江鉄道ではない)のコラボ乗車券)

さて、今日のことを。
名谷車庫は割と近くにあって、しばし車窓から眺めてるんですが、車庫でのイベントは今まで行ったことありません。近くにあるところって案外行かないもんですな。

今回は神戸市営交通100周年記念として、限定グッズを販売したり、斉藤雪乃さんが来るという事と、暇があったので行くことにした。

名谷駅から歩いて20分くらい(名谷駅から一つ目の神戸医療センター前バス停からは約5分)
おおよそ30分くらい前に到着。すでに100数人は並んでいた。

今回発売の神戸市営地下鉄1000系の鉄道コレクション(鉄コレ)目当てだろう。
神戸市営地下鉄の車両が模型になるのは珍しく、この機会に手に入れておかないと手に入らないかもしれないという心理だろう。

DSC01788_R.jpg 

10時開場。

鉄コレの整理券の列は半端ないことになっていたのであきらめて、北神急行の企画硬券を買うべく一般物販コーナーを目指した。

すんなり購入できた。

IMG_4254_R.jpg 

IMG_4255_R.jpg

IMG_4252_R.jpg

次は、地下鉄の鉄コレの整理券列にダメ元で並んだ。
無事に整理券もらえた。

商品の引換まで時間あるし、すぐに行っても混むだろうという事で、
場内探索をし、腹こしらえすることにした。

車窓から見たら狭いように感じたが、実際歩いてみると案外広かった。

神戸市電の展示
DSC01752_R.jpg 

DSC01748_R.jpg

808号車の座席はクロスシートになっている。向きを前後に変えられる構造になっている。
DSC01753_R.jpg

707号車の車内
DSC01756_R.jpg
劣化により奥は立ち入り禁止になっている。

作業用車
DSC01757_R.jpg

DSC01758_R.jpg

つづいて、整備工場建屋内へ

地下鉄に取れつけられたことのあるヘッドマーク類(一部)
DSC01766_R.jpg 

BlueWave の頃は強かったな。
オリックス(合併前はBlueWave)が最後に優勝したのは、いつだろうか?

点検中の車両
DSC01764_R.jpg 

DSC01767_R.jpg

塗装前の車両
DSC01768_R.jpg

塗装完了
DSC01770_R.jpg

下半分(グリーン)を塗装したて
DSC01771_R.jpg

車輪軸受と制輪子(シュー)
DSC01772_R.jpg 

車輪
DSC01774_R.jpg

台車
DSC01775_R.jpg 


続いて、車両写真撮影会(一般参加)の時間になったので、列に並ぶ。
(今日は何回、列に並んだだろうか)

一度に10人ずつ誘導し、制限時間は3分間。

左から、3000系、北神急行7000系、2000系、1000系
DSC01787_R.jpg 

DSC01791_R.jpg

あわただしく写真撮った後は、整理券もらっていた鉄コレを購入しに行った。

さすがに、すいてるだろうと思ったが、当てが外れた。まだ行列ができていた。
しようがないので、また列に並んで買った。
列に並ぶのは慣れているが、ここは日影がないから暑かった。

1セット(3両)で4500円。
IMG_4253_R.jpg 

編成を組むにはもう1セット買う必要あり。4500×2=9000円也
高い気がするが、動力付きのNゲージ一編成分は1万円軽く見えるから妥当な線かもしれない。

買い物したし、暑いから帰ろうかなと思ったが、斉藤雪乃さんがメインステージ登場するまでも少し粘って滞在することにした。

ゆるキャラショー
DSC01818_R.jpg 

斉藤雪乃さん
DSC01835_R.jpg

DSC01856_R.jpg

DSC01860_R.jpg

鉄ドルでお天気キャスターもやってる斉藤雪乃さんだが、カンバ大阪のチアやってたことは不覚にも知らなかった。
あと、神戸市バス25系統(三宮から森林植物園へ行くバス)に往復で乗ってきたという話をされていたので、路線バスも好きかもしれない。

この後、洗車体験の最終回に駆け込み乗車できた。
列に何回か並んだものの、割りと効率的に回れたのではないかと思う。

洗車体験の電車(100周年記念市電デザイン)
DSC01795_R.jpg 


【おまけ】
神戸市バス-花バス
DSC01865_R.jpg 

ボンネットバス
DSC01871_R.jpg

工場建屋に掛けられている開業記念のプレート
DSC01794_R.jpg 

2017年は神戸市営交通100年だけでなく、神戸市営地下鉄開業40年、全線開業30年と記念すべき年である。(北神急行は来年30周年)
スポンサーサイト

初秋の鉄道旅(鉄道むすめスタンプを求めて)、二日目

2017.09.10.16:11

二日目はのと鉄道の穴水駅を目指します。

のと鉄道に乗るには、金沢へ行き、JR七尾線に乗り換えて七尾駅まで行く。

予約していた『のと里山里海3号』(七尾12:38発)に乗るには、能登かがり火3号に乗れば間に合うが、これより先の時間に走る観光列車『花嫁のれん』の予約取れたので、乗車してみることにした。
(乗車だけであれば、e5489で予約できた。)

金沢駅4番線から発車
IMG_4034_R.jpg 
記念撮影される方が多数おられた。

IMG_4035_R.jpg 

車内内装は金沢の金箔をあしらっている。
IMG_4038_R.jpg 

イベントスペース(当日は中能登町の女の子らによる町の紹介と物販があった。)
IMG_4040_R.jpg 

座席の一部
IMG_4039_R.jpg

最悪の座席(写真の右下)-外が見にくいし、知らない人と向かい合わせになるので、気まずい
IMG_4042_R.jpg

写真は撮っていないが、一号車は簡易的なコンパートメント(2、3、4人用)となっている。

金沢から七尾まで約1時間20分の旅路である。

余談ながら、先ほど出てきた中能登町には『一青(ひとと)』という地名があり、一青窈(ひととよう)さんの母方の祖母はそこの出身ということだ。

中能登町にある七尾線の駅のメロディーに『ハナミズキ』が採用されているとのこと。

なお、中能登町には花見月(ハナミズキ)という地名もあるようだ。なかなか興味深い。

さらに余談として、独身税で物議をかもして炎上した『かほく市ママ課』のあるかほく市は七尾線の
沿線である。(最寄り;宇野気駅)

七尾には11:36着。のと里山里海号は七尾12:38発なのでしばし待つことになった。

のと里山里海号はのと鉄道の観光列車で、土日祝日は座席して制で乗車料金1500円。飲食プランもあり、3号(七尾12:38発)のみ寿司付きコース4000円がある。ちょっと奮発して寿司コースを予約した。
(平日(水除く)は自由席で乗車券プラス300円で乗れる。ただし、飲食サービスはなく満員だと乗れない。)

DSC01708_R.jpg 

窓向きの座席を予約出来た。2人掛けだが一人占め出来た。
(机にある箱は後述のお寿司)

IMG_4057_R.jpg

車内(一部ですが)
IMG_4059_R.jpg

IMG_4060_R.jpg

IMG_4062_R.jpg

セットの寿司と乗車券
IMG_4069_R.jpg 

車窓を見ながら、お寿司を食べる。
良い天気で良かった。(窓ガラスを通して撮っているので、やや変な色合いになっています。)
DSC01668_R.jpg

DSC01670_R.jpg

途中の能登中島駅に10分ほど停車。
ここには全国的に珍しい郵便車が保存されていて、見学もできる。
DSC01680_R.jpg 

DSC01671_R.jpg

DSC01675_R.jpg

DSC01679_R.jpg

yubincar01.jpg 

駅舎内
DSC01685_R.jpg

notonakajima.jpg 

列車は穴水駅へ向けて再び出発。

途中のビュースポットでは一時停止してくれる。
DSC01691_R.jpg 

DSC01700_R.jpg

DSC01694_R.jpg

これはボラ待ちやぐらというものでボラ漁で使われていたものだ。
DSC01702_R.jpg

普通なら40分で着くところ、1時間かけて穴水駅へ到着。13:39着

DSC01725_R.jpg 

DSC01709_R.jpg

遠藤関は穴水町出身(不覚にも知らなかった)
IMG_4088_R.jpg

IMG_4095_R.jpg

スタンプゲット
IMG_4097_R.jpg

帰りの列車(15:11発)まで1時間程待つので、駅構内をぶらりと散歩。
(14:30発もあったが、七尾での普通列車との接続がないのでパス。)

永井豪ラッピング列車(キューティハニー、デビルマン、マジンガーZ)
DSC01723_R.jpg 
車内にはアニキのサインもあります。

奥の方にはかつて走っていた古い車両が留置されている。
DSC01726_R.jpgDSC01716_R.jpg

のと鉄道はかつて輪島まで線路が続いていたが、穴水から輪島間は廃止された。
観光でも活かす事はできなかったんだろうか。
(輪島の方へ行くには車かパスに頼るしかない。)

花咲くいろはのラッピング列車
DSC01736_R.jpg

DSC01733_R.jpg
先の方は日陰になってしまった。
到着後、回送になったので乗車はできず。

途中にある西岸駅がゆのざき駅としてアニメに登場している。(いわゆる聖地だな)

15:11発の列車に乗車。
帰りは金沢まではオール普通列車で約2時間、金沢からはサンダーバードで大阪まで。

七尾線の電車は413系で、ドアは手で開ける仕様になっているのがおもろかった。戸開けボタンのある電車(415系800番台)もあるが、413系よりも経年が古いというのもなんかおかしい)

観光要素ゼロの旅でしたが、観光列車に乗車でき、いろんな列車が見れて良かった。
とにかく天気が良かった事に尽きる。

初秋の鉄道旅(鉄道むすめスタンプを求めて)、一日目

2017.09.10.15:19

9月になってすっかり涼しくなったね。日中はまだ暑いですが。
とにかく気温が下がって、過ごしやすくなって良い。

週末の金、土に北陸(富山、能登)へ鉄道旅に出かけてきました。
木曜日は停電するなど天気が大荒れでしたが、天気が回復して良かったです。
(特に土曜日は天気よかった)

今回は、鉄道むすめのスタンプを(残り5個中の二つ)集めることと観光列車に乗ることです。
観光要素はほぼゼロです。

まずは金曜日は、サンダーバードと北陸新幹線を乗り継いで富山へ

富山ライトレール

まずは富山トライレールへ。ライトレールは富山駅の北口へ回る必要アリ。
(南北はまだ開通していない)
IMG_3992_R.jpg 

スタンプのある城川原駅へ向かう。

IMG_3993_R.jpg

ほぼ中間にあり、車庫や事務所がある。

IMG_3994_R.jpg

ちなみに鉄道むすめは全駅に居ます。

スタンプも目的ですが、ラッピング列車を見るというのも目的でした。
運行してなかったらどうしようかと思ったが、杞憂であった。

終点の岩瀬浜まで行って、橋の上から撮影。
DSC01583_R.jpg 

富山に戻ってきて、交差点の歩道から撮影。


DSC01598_R.jpg

DSC01638_R.jpg

DSC01635_R.jpg

夕暮れまで時間が余ったので、高岡へ行って万葉線にちょこっと少し乗車。

万葉線のドラえもんトラムに遭遇出来てラッキー
DSC01611_R.jpg 

高岡駅に戻ってくると忍者ハットリくんの列車に遭遇。
こちらはJR氷見線の列車です。
DSC01627_R.jpg

藤子・F・不二雄先生は高岡出身、藤子不二雄A先生は氷見出身です。

高岡-富山間はあいの風とやま鉄道で約20分で行けます。

高岡から富山へ戻って、ホテルへチェックインです。一日目はこれで終了です。

これだけだと寂しいので、食事の話でもしますか。

昼飯は白えび天丼です。
二年前富山に来た際に、あまりに行列がすごかったので食べるのをあきらめたので、今回リベンジしました。

IMG_3989.jpg 

晩飯は悩んだ挙句、ますのすしにしました。
富山駅に”ますのすし”ばっかり売っている店があり、作るところによって少しずつ特徴が違うのが面白かった。(酢飯の味とか、ますの種類とか、硬さとか)

IMG_4027.jpg 

ますのすしというのは見た目に反して、結構食べ応えあるので注意である。
(米飯がぎっちりと押して詰められているため)

あと、今回止まったホテルの客室にシンクがあったのが面白かった。蓋があるのでふさいでテーブル代わりにできます。(テーブルはちゃんとあります。)

IMG_4024.jpg 

トイレはありますが、洗面台と浴槽はありません(シャワーはある)。このシンクで顔洗ったり、歯磨きしたりすることになります。風呂は大浴場に行くことになります。

客室はちょっと変わってましたが、大浴場と朝飯は良かったです。

二日目は金沢を経て、七尾線を通ってのと鉄道へ行きます。
続きは別のページにします。こうご期待。

8月31日(今日で8月終わり、そして初音ミク10周年)

2017.08.31.20:34

今日は8月31日で、明日から9月だというのに実感がないな。
学生なら夏休みが終わるので、実感あるんだろうけど。

昨日と今日は研修所に滞在していてようやく解放されました。(研修のアテンドです。)
明日は土曜日な感じしますが、金曜日なんですね。もう一日我慢だ。

ところで、今年は夏の天候がなんかおかしいですね。
関西では8月後半になって、ようやく晴れて暑い日が続いていますが、例年のように猛暑だという感じはしません。体がなれたせいかも知れないが、割としのぎやすい感じがします。

関西は晴れた日がありますが、関東や東北は曇りがちで雨が良く降っているようだ。こうなると野菜の値段の値上がりが気になるね。


最後に、まったく話変わりますが、今日で初音ミク誕生10周年になるそうだ。

読売新聞朝刊には全面広告が載っているそうだ。
http://blog.piapro.net/2017/08/n170308281-1.html

誕生してからもう10年も経つんだな。10年続くってすごいなと正直に思った。
歌舞伎に出演したり、赤い羽根募金のイメージキャラクターになったり、曲(千本桜)を小林幸子にカバーされたり、と活躍が広がっている。

次はどんなものとコラボするのか?
こう期待だな。

IMG_0580.jpg 

京阪特急プレミアムカー乗車&京阪大津線ニューカラー

2017.08.20.18:41

今日8月20日は京阪特急のプレミアムカーのデビューです。
さっそく乗ってきました。

京阪8000系の6号車を大幅にリニューアルして、座的指定制にしています。
乗車券の他に追加料金必要。区間によって400円か500円。
(例えば、淀屋橋-樟葉は400円、淀屋橋-出町柳は500円)

他の号車(ダブルデッカー含む)は今まで通り追加料金不要で乗れます。

3日前にネットで券を購入していた。空席のあった淀屋橋8時40分発にした。
(9時台とか10時台の時間帯の良い列車は満席であった。)

IMG_3940_R.jpg 

特急停車駅にはプレミアムカーの空席案内を設置。
1時間当たり3-4本運行。10分間隔と20分間隔の時がある。
(間隔が空いているのはプレミアムカーのない車両-3000系などが走っているため。)
IMG_3941_R.jpg 

ちなみに、快速特急は3000系なのでプレミアムカーはありません。

DSC01567_R.jpg 

DSC01566_R.jpg

乗降口のところ
IMG_3945_R.jpg 
ホーム上は人であふれていてうまく写真が撮れない。

座席-リクライニングシートで1列+2列の配置
IMG_3951_R.jpg 

各席にテーブル、カップホルダーあり、コンセントもあります。
IMG_3952_R.jpg

はっきり言って新幹線の座席よりも上等かもしれません。近鉄特急(古いやつ)がぼったくりに思えるほどだ。(近鉄さんすみません。悪意はないです。近鉄特急は比較的敵新しいのと古いのとでは差がある。同じ料金払うのに、腑に落ちない。せめて座席くらいはリニューアルしろやと強く思う。)

プレミアムカーには女性のアシスタントが一名乗務しています。
乗った列車では記念グッズを買う人が多く、対応に追われてました。
(オリジナル扇子4,000円もするだけどね・・・)

乗り心地は良かった。強いて言えばクーラーの音が気になる。

50分ほど乗車し、三条で下車。

IMG_3954_R.jpg 

今日は、どんなものか気になるから乗ってみようと言う人が多かったと思う。
これから先どうなることか。
行楽時の混雑しているとき確実に座りたい場合にうまく予約できれば良いが。


これは別の列車で撮影
IMG_3967_R.jpg 

三条で降りたのは、京都市営地下鉄東西線に乗り換えて、京阪浜大津へ向かうため。
大津線は最近見ていないし、新京阪色に塗り替えられた電車が登場しているので見たかった。

まずは石山坂本線の方

現塗色
DSC01525_R.jpg DSC01532_R.jpg

新京阪色
DSC01529_R.jpgDSC01549_R.jpg

某三〇住●銀行みたいって言ったらいかんよ(笑)

京阪線の一般車両はすべてこれになっています。
(一編成だけ期間限定できかんしゃトーマスのラッピングされてますが。)

最後に80型復刻カラー
DSC01535_R.jpg

車内はどう変わったのかといえば・・・
すみません。乗らなかったから分かりません。

京津線の方は

現塗色
DSC01538_R.jpg 

新京阪色
DSC01554_R.jpg DSC01557_R.jpg

車内は以前と変化ありませんでした。(今のところ)

今は新旧混在していて、ラッピング車両もあるので見てて楽しいですが、果たしてこれから先どうなるか。

今回の話はこれでおしまい。

帰りの京阪特急はプレミアムカーではなく、一般の座席にしました。
これでも十分高いレベルなんです。座れればね。
プロフィール

HTTひでき

Author:HTTひでき
電車とアニメを愛するアラフォーのおっさんのブログでおま!まぁひとつ見ておくんなはれ。

初音ミク、鉄道むすめも好きですね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

来訪者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR