紅葉2017-石山寺

2017.11.18.21:19

今年の秋は、平日天気いいのに週末になると悪くなる傾向がある。
今日の朝もあいにくの雨模様であった。

今年は、昼間の紅葉をまだ見に行っていない。

京阪大津線・錦織車庫での撮影会(午後の部)に参加する予定だったので、午前中に石山寺に行ってきた。

京阪大津線へは山科経由で行くことが多いが、今日は石山まで新快速で、石山で乗り換え石山寺駅まで乗車した。

石山寺仁王門
DSC02102_R.jpg 

紅葉シーズンなので多くの参拝客でにぎわっていたが、京都市内の名所よりもはるかに少なく、ゆったり散策できた。

もみじは見ごろでした。
DSC02053_R.jpg

DSC02052_R.jpg

DSC02050_R.jpg

雨に打たれて葉が地面に落下している。
DSC02055_R.jpg

降雨のため、多宝塔にもやがかかっている。
DSC02057_R.jpg 

DSC02060_R.jpg 

本堂
DSC02062_R.jpg

DSC02065_R.jpg

DSC02069_R.jpg

岩の上に落ちた葉
DSC02068_R.jpg

イチョウの葉と共に
DSC02091_R.jpg

DSC02094_R.jpg

DSC02070_R.jpg

DSC02082_R.jpg

月見堂
DSC02074_R.jpg

もみじはきれいに色づいていたが、天気が残念であった。
スポンサーサイト

夜の紅葉狩り 2017

2017.11.18.18:22

京阪神の多くのところで紅葉が見ごろになりました。

昼間に見に行くのも良いですが、ライトアップされたもみじも綺麗です。

今まで夕方暗くなるまで時間をつぶすか、夕方を狙って目的地へ行くという労力が必要だったが、
勤務地が京都に変わったので、平日の終業後に行こうと思えば行けるようになった。
(帰る時間がさらに遅くなりますが)

勤務地特典かなと言ったら怒られるかもしれない。

京都はもみじの名所が多いですし、ライトアップを実施しているところも多いです。

まずは、去年、待ち時間の長さに心が折れてあきらめた 永観堂 禅林寺へ

ここは、もみじの名所と有名なのは言うまでもありませんね。
京都市営地下鉄東西線の蹴上駅で下車して、南禅寺を通って徒歩10分です。

今回はすんなりと入れました。とはいえ、平日とはいえ人は多いです。

暗闇で三脚なしでの撮影なので少々ブレているかもしれません。ご勘弁ください。

池に写るもみじがきれいです。DSC02001_R.jpg 

DSC02012_R.jpg

DSC02017_R.jpg

DSC02013_R.jpg

DSC02020_R.jpg

DSC02023_R.jpg

DSC02026_R.jpg

まだ、青い葉も残っているがそれも良し。
ライトアップされると昼間の何割増しかきれいに見えます。

帰り道、近くにある 南禅寺天授庵 も夜間公開してましたので寄ってきました。
見ごろでした。

DSC02030_R.jpg 

DSC02032_R.jpg

DSC02043_R.jpg

DSC02045_R.jpg

おしまいです。

ライトアップ紅葉はきれいですが、道中の道は所々暗いので注意することと、 
夜は冷えるので寒さ対策、お腹が減る事に耐えること、
そして、家へ帰る時間が遅くなるということに注意が必要ですね。

今回はこれで、おしまいです。

DSC02047_R.jpg


11月になりましたね

2017.11.12.20:34

10月は台風が来たりして天気が悪い日が多かったが、11月になってずいぶん天気が安定してきました。

11月になって10日以上たつが、ブログ書いてませんね。さぼっているわけではないが、
毎日朝の早起きで、夜の自由時間が減って、書く余裕がありませんの。

久しぶりに書こうと思います。話題は二つ。

まずは一つ目

11月3日は京阪大津線のイベントに行ってきました。
そういえば、今年は鉄道会社のイベントにはあまり行ってないな。
神戸市営地下鉄の名谷車庫以来です。

この日は良い天気でした。

IMG_4408_R.jpg IMG_4438_R.jpgIMG_4448_R.jpg

IMG_4418_R.jpg IMG_4450_R.jpgIMG_4443_R.jpgIMG_4444_R.jpg

何回も行ってるし、今年は特に特筆すべきことがありませんでした。

続いて、二つ目の話題。

11月は紅葉の季節ということで、仕事終わりに叡山電車のもみじのトンネルに行ってきた。
職場は京都市内とはいえ、出町柳へ行くにはちょっと時間かかるな。バスで行くにしても、鉄道で行くにしても。大阪から行くのと大して変わらないかも。

出町柳駅に到着
DSC01982_R.jpg 

ここも久しぶりです。以前よりもパネルが増えてました。

ここから鞍馬行きに乗車。
もみじのトンネルは市原-二ノ瀬間にあります。

DSC01961_R.jpg 

紅葉はまだちょっと早かったかな。

貴船へは寄らず鞍馬駅まで乗車し、そのまま折り返し。

鞍馬の夜はさすがに人気はない。
(貴船はライトアップしているので人はかなりいる。)
DSC01964_R.jpg 

DSC01962_R.jpg 

DSC01965_R.jpg

乗ってきた電車にすかさず乗車。
平日の夜間は20-30分に一本しか電車ないので、乗ってきた電車にすかさず乗車。

帰りの車内で撮影
DSC01967_R.jpg 

出町柳からプチ贅沢して、出町柳から京阪のプレミアムカーに乗車。通算二回目。
IMG_4488_R.jpg IMG_4490_R.jpg

JR京都へは行かずに、淀屋橋周りで帰った。大阪市内で乗り換えたほうが便利だから。
そうこうして大阪に着いたら、JR神戸線が動いてなくてまいった。この日は阪急神戸線も人身事故があって阪神間の鉄道は混乱していた。(阪急は復旧してたが)

さらなる自腹を切って阪急に乗って帰った。

おしまい。

山形鉄道 フラワー長井線の旅(鉄道むすめスタンプ)

2017.10.29.23:03

大井川鐡道の翌日(土曜日)は山形鉄道へ。

東京で一泊し、起点となる赤湯駅(山形県南陽市)を目指す。
赤湯へは東京から山形新幹線で、約2時間20分で到着。

IMG_4390_R.jpg 

IMG_4361_R.jpg 

IMG_4352_R.jpg

赤湯駅(山形鉄道側)
IMG_4360_R.jpg

フラワー長井線ということもあり、花柄の列車が多い。
IMG_4358_R.jpg

スタンプがある長井駅(山形県長井市)にて下車。
IMG_4364_R.jpg 

スタンプ押して昼食撮った後、終点の荒砥まで乗車。
5分後に折り返しの列車にすぐに乗車した。

フラワー長井線の列車はのどかな田園地帯を走っている。
都会の雑踏から離れてのんびり時間を過ごすにはいいかもしれない。

この日はあいにくの曇り空。好天であればより良かったが。

基本、乗り鉄なんで風景写真はあんまし撮ってません。すみません。

列車は花柄が多いですが、
IMG_4369_R.jpg 

キャラクターのラッピング列車もあります。
DSC01939_R.jpg

さて、赤湯へ戻る前に宮内駅で途中下車しました。
IMG_4379_R.jpg 

ウサギの駅長”もっちぃ”を一目見るためです。
IMG_4377_R.jpg

IMG_4373_R.jpg
じっとしてます。

7歳、人間でいえば60歳くらい。かなりの高齢です。

IMG_4372_R.jpg

IMG_4375_R.jpg

IMG_4370_R.jpg
もう二匹いたようですが、お亡くなりになっているようです。(ぴーたー、てん)

次の列車までしばし待つ。
一本見送ると1時間くらい待つ。地方ではしかたない事。
IMG_4381_R.jpg

DSC01951_R.jpg 

DSC01955_R.jpg

再び、赤湯に戻る。
山形新幹線で東京へ出て、東海道新幹線で神戸に帰った。

つぱさ148号に乗車。
IMG_4384_R.jpg


家に着いたのは22時30分でした。
赤湯から6時間20分かかりました。

台風22号の影響が心配されたが、幸いにも雨に合わずに2日間を過ごせた。
(関東を過ぎると降ってましたが、最寄駅に着いたときはたまたま止んでました。)

これで31か所達成。残り一か所だ。

IMG_4389.jpg 

大井川鐡道井川線の旅(鉄道むすめスタンプ)

2017.10.29.22:04

週末になると天気が悪くなって困るわ。
まさかの二週連続台風とはね。

大井川鐡道と山形鉄道へ本来なら先週末に行く予定だったが、台風21号のせいで今週末に延期した。
台風22号が迫ってきているという事もあり、一日前倒しして、金曜日と土曜日に行ってきました。

ずはり目的は、鉄道むすめスタンプラリーのためです。通算30か所目と31か所目になります。

まずは、金曜日に大井川鐡道へ行ってきました。
大井川鐡道の本線はトーマスを見るために行ったことがありますが、井川線は初めてです。

大井川鐡道のスタンプは井川駅にありますので、問答無用で井川線に乗らないといけません。

IMG_4393_R.jpg 
5:32発の始発に乗って、金谷駅(東海道本線)を目指す。

新幹線で浜松まで行き、東海道線に乗り換え。
(掛川の方が近いが掛川はこだましか止まらないし、乗り換え検索でヒットしたのが浜松乗り換え)

大井川鐡道は毎日SL列車が走っていますが、今回は時間ないためパスです。

金谷駅からは近鉄南大阪線、吉野線で走っていた特急車両16000系の16003編成で千頭まで。

DSC01872_R.jpg 

中は近鉄時代のままです。ややくたびれてきている感はある。
IMG_4315_R.jpg 

10:13に千頭着、井川線に乗り換え

井川線
DSC01874_R.jpg 

車両は小さいですが、レールの間隔は1067mmでJR在来線と同じです。
動力はディーゼルです。ディーゼル機関車を後部に連結してます。

車内はバスよりも狭い。
IMG_4319_R.jpg

IMG_4320_R.jpg

井川線は大井川上流のダムや発電所建設のために作られた路線です。
線路は中部電力が所有していて、大井川鐡道が列車を運行している。

列車は大井川に沿って進んでいく。

空は青かったが、上流のダムから放水しているせいで、流れが速く白濁していた。
台風21号の影響がまだ残っていた。
DSC01878_R.jpg 

途中の アプトいちしろ駅と長島ダム駅の間は、急こう配(最大90‰)のため、
アプト式電気機関車を連結して上ります。

90‰というのは日本の鉄道で最大勾配です。
(アプト式でない鉄道では箱根登山鉄道が80‰、次いで京阪京津線の61‰)

IMG_4321_R.jpg

レールとレールの間にラックレールがあり、そこにギヤがかみ合うことで急な坂道でも滑らずに上り下りできます。
IMG_4323_R.jpg 

アプト式電気機関車
IMG_4325_R.jpg 

連結作業完了
IMG_4324_R.jpg

左側は全区間(アプト区間は除く)で客車をけん引するディーゼル機関車、右は電気機関車
IMG_4326_R.jpg

DSC01929_R.jpg 

長島ダム
DSC01928_R.jpg
水が渦を巻いている。大放水しているときにしか見られないとのこと。

長島ダム駅で電気機関車を切り離し、列車は井川へ向かって進んでいく。

井川ダムが見えてきてほどなく終点の井川駅
DSC01888_R.jpg 
台風21号の影響でダム湖に水が溜まっており、放水してます。

井川駅。
千頭から約1時間50分。

家から7時間かかった。
DSC01891_R.jpg
標高は686m。千頭から約400m登ってきたことになる。

井川駅の所在地はなんと 静岡市葵区で静岡駅と同じ区にあります。

これが客車をけん引する機関車です。
DSC01914_R.jpg

DSC01912_R.jpg
登りは客車を後ろから押す、下りは先頭に立って客車を引く形になっています。

井川駅駅舎
DSC01910_R.jpg 

IMG_4347_R.jpg

スタンプを押して、弁当を食べても、次の列車(206列車)まで時間があるので、探索することにした。集落はないので、ダムとダム湖くらいしか見るところはない。

ちなみに、一日4本しか列車がありません。(一本は季節運行)
IMG_4346_R.jpg

まずは、井川ダムを間近に見る。
IMG_4335_R.jpg 

ダム湖
DSC01897_R.jpg 
湖面には流木が浮かんでいる。台風21号の痕跡だな。

ダム湖の周りに遊歩道らしきものがあったので行ってみた。

廃線跡じゃないか。
どこまで続いているか気になったが、キリがないので途中で引き返した。
DSC01898_R.jpg 

DSC01902_R.jpg

DSC01905_R.jpg

帰りは14:49発の列車で千頭まで行き、千頭で金谷行きに乗り換え。

千頭からの列車は元・南海高野線の21000系ズームカーだ。
DSC01935_R.jpg 

昭和33年帝国車輛製造 御年59歳でござる。
IMG_4351_R.jpg 

金谷からは東海道線で静岡へ行き、そこから新幹線で東京へ向かった。
翌日の山形鉄道に備え、東京で宿泊することにしました。

東京へは約5時間。

遠かった。

時間と金はかかるが、行って損はしない、行く価値はある所でした。
プロフィール

HTTひでき

Author:HTTひでき
電車とアニメを愛するアラフォーのおっさんのブログでおま!まぁひとつ見ておくんなはれ。

初音ミク、鉄道むすめも好きですね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

来訪者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR