海の日なので

2017.07.17.22:35

三連休の最終日は海未の日、もとい海の日でした。

海の日だから海へ。

神戸開港150年記念イベント『海フェスタ神戸』の一イベントとして、神戸港で帆船の展示があったので行ってみた。

まずポートターミナルホールで開催していた海の総合展を見てから、

IMG_3666_R.jpg 

シャトルバスでメリケンパークへ向かう途中の税関前で下車。

IMG_3672_R.jpg

そこから歩いて、新港第二突堤へ。

パラダ(ロシア)
DSC01454_R.jpg 

DSC01476_R.jpg
(対岸より撮影)

コリアナ(韓国)
DSC01477_R.jpg

続いて、新港第一突堤へ歩いて行く。近いようで結構歩く。

DSC01461_R.jpg 

みらいへ(日本)
DSC01458_R.jpg

DSC01490_R.jpg
(メリケンパークより望遠で)

そして海王丸
DSC01485_R.jpg 

DSC01472_R.jpg

IMG_3679_R.jpg

船内(甲板)は一般公開していたので
DSC01466_R.jpg

IMG_3684_R.jpg

DSC01470_R.jpg

DSC01487_R.jpg 
(対岸のメリケンパークから望遠で)

メリケンパークまで歩いて行く。
メリケンパークではみなとまつりを開催していたが、スルー。
暑さでバテ気味であったので早く帰りたかった。

DSC01491_R.jpg 
モザイク(メリケンパークから撮影)

中突堤からシティループで帰ろうかなと思ったが、運よく連接バスの便があったので、連接バスに乗った。連接バスは社会実験ということで三宮と中突堤間で運行されている。(運行-神姫バス)
ただし、本数は少ない。(普段は三田地区で運行)

 ※シティループ;260円(ICカード使えない)、連接バス;100円(ICカードOK)
  
  いまどき、ICカード使えないって(怒)

発着は神戸そごう前。
DSC01493_R.jpg 

おしまい。
スポンサーサイト

我が家にも、Windows10がキタ――(゚∀゚)――!!ーー

2017.07.05.23:34

我が家もついにWindows10のPCを導入することにしたのだ。

既存PCのOSをアップグレードするでもなく、買い替えでもない。

主要パーツ(CPU+マザーボード+メモリ+メインハードディスク)を入れ替えし、同時にWindows10をインストールする方針にした。ケース、データ保存用ハードディスク、ビデオカードなど使えるものは流用する。

肝となるのは、CPUの選定。
CPUといえば、まず intel を思いつくが、AMDが今年になってリリースしたRyzenがかなり評判が良いので、選んでみた。アンチintelのPCを組めるのが、自作の醍醐味である。 

OSを入れるディスクとしては、奮発してSSDを購入。
(もともと使っていた2TBのハードディスクはデータ保存用として活用することにした。)

その他のパーツも、一式丸ごと、ドスパラのサイト から一式を通信販売で購入することにした。

購入したものすべて-\94,565(税込み)。
 
なんとか10万円以下にできた。
新しくPC買うのとそんなに費用変わらない気がするが、既存の資産を最大限生かすために、主要パーツを入れ替える方法を取った。

PCリニューアル_R 


【購入品】
  1. M/B;ASUS PRIME B350M-A         ¥10,298 
  2. CPU;AMD Ryzen 5 1600         ¥25,026 
  3. メモリ;DDR4 PC4-21300 8GB×2枚       ¥18,182 
  4. OS;Windows 10 Pro 日本語 64bit (DSP)     ¥19,463 
  5. SSD;SanDisk SDSSDHII-480G-J26C (480GB) ¥18,878 
  6. その他 外付けHDDケース           ¥3,218 
  合計                    ¥94,565 
【既存品からの流用】
ビデオカード;NVIDIA Geforce GTX 750Ti
HDD(データ保存用); 2TB 3.5inch
BDドライブ;Pioneer BDR-209M


パーツの組み立てとOSのインストールは、何のトラブルもなく完了。

初めてのWindows10起動画面
Win10画面_R

あとは、使っていたソフトを順番に入れていって移行完了。
(MS-Officeは、2013を昔ダウンロード購入していたらしく、再びダウンロードしてインストールすれば使えた。)

ベンチマークは取っていないので、数値的にどんだけ早くなったのかわからないが、起動とシャットダウンがめちゃ早くなった。SSDの効果絶大だ。
SSDにして、ハードディスクのカリカリ音があまり聞こえなくなったのは、精神上よい。

結構費用かかったが、PCのバージョンアップ大成功である。

鎌倉に行ったついでに江の島へ

2017.06.25.10:56

鎌倉大仏を見にいった話からの続き

江ノ電長谷駅から江ノ島駅へ向かう。

途中、有名な踏切など撮影スポットはあるが、腹減っていたので、途中下車はしないでまっすぐ向かった。

江ノ電の江ノ島駅から江の島までは結構歩くのね。
昔行った時はこんだけ歩いたっけ?記憶が無い。

DSC01397_R.jpg 

DSC01400_R.jpg

生しらすのシーズンなので、生しらす丼をいただく。
IMG_3505_R.jpg 
生しらすだけじゃ単調なので、釜揚げしらすとの二色丼にしました。

腹ごなしが済んで再び歩く。
こんなところにもキティちゃんが

(余談ながら、有名観光地には必ずキティちゃんがらみのグッズが売られている気がする。)
IMG_3506_R.jpg 

江島神社
DSC01402_R.jpg 

IMG_3508_R.jpg

階段を登って下を見下ろす。。
DSC01407_R.jpg

ここでも茅の輪が
DSC01409_R.jpg 

DSC01411_R.jpg

銭を洗って、お金と心を浄化する
DSC01413_R.jpg

エスカーと言う乗り物で展望台を目指す。
IMG_3510_R.jpg

エスカーとは何か?
答えを言うと、ただのエスカレーターです。有料の
登りしかないので、帰りは必ず歩かないといけません。

江の島展望台
DSC01417_R.jpg

展望台からの景色
DSC01423_R.jpg

DSC01425_R.jpg

トビが飛んでいます。
トビに食べ物をさらわれないように注意を促す表示があちこちにされています。
DSC01431_R.jpg 

晴れでしたが、遠くは霞んでいます。
(神奈川県に光化学スモック注意報が出ていた模様です。)

駅への帰り道に、江の島岩屋の方へ行ける船乗り場があったので乗船してみた。

船を下りて岩屋へ向かう道すがら撮影。磯遊びに興じる人らが多かった。
DSC01434_R.jpg 

DSC01437_R.jpg

DSC01439_R.jpg
(ちなみに、船に乗らずとも、島内から歩いて行ける道があります。)

第一岩屋
DSC01441_R.jpg 

この穴から富士山の鳴沢氷穴につながっているという伝説があるが、真実かどうかは分からない。
(立入禁止)
DSC01443_R.jpg 

江島神社のルーツ
DSC01445_R.jpg

DSC01446_R.jpg

IMG_3521_R.jpg

第一岩屋から第二岩屋へ
DSC01449_R.jpg 

第二岩屋
DSC01450_R.jpg 

DSC01452_R.jpg

岩屋探索をして再び船に乗り橋へ。(またお金かかりますが、歩くよりも早い)

かなり疲れたので今回の旅はここで終了。

帰宅ルートは、

 片瀬江ノ島 → 相模大野 → 小田原(小田急)
 小田原 → 新神戸(新幹線)

という、変態ルートにした。
(藤沢に出て、東海道線で品川に行って、そこから新幹線に乗るのが誰もが思いつくルートと思うが)

片瀬江ノ島駅
IMG_3522_R.jpg 
竜宮城みたいな造り。
ここでも小学生の集団。

IMG_3524_R.jpg 

藤沢で快速急行に乗り換えて相模大野へ
相模大野で小田原行き急行に乗り換えて小田原へ。

小田急小田原駅の屋根
おばはん二人なかなか退かない(泣)
IMG_3526_R.jpg 

小田原では駅弁を買う以外、特に何をするでなく新幹線に乗り込む。

買った駅弁
IMG_3531_R.jpg 

IMG_3532_R.jpg

昼も晩も海鮮とはwww

小田原から新神戸は、三島までこだまで、三島で20分ほど待ってからひかりに乗り換える事になった。

おしまい。

アジサイの時期になると鎌倉に行きたくなる その二

2017.06.24.21:23

続きです。


光則寺

 鎌倉大仏のある高徳院へ行く前に、光則寺へ寄り道。ここもお花で有名な所だ。

 今回初めての所。 


DSC01375_R.jpg 


拝観料は100円で、門にある賽銭箱に入れる。


アジサイは既にかなり剪定されており、残っていた花を見て回る。


DSC01358_R.jpg


DSC01357_R.jpg


DSC01361_R.jpg 


DSC01363_R.jpg


DSC01364_R.jpg


DSC01370_R.jpg


DSC01371_R.jpg


DSC01373_R.jpg


これは道中のものです。

DSC01378_R.jpg


高徳院(鎌倉大仏)

 光則寺を出て、高徳院へ向かう。
さすがに10時くらいになると人が多くなってきました。
観光客と修学旅行生。6月はアジサイ見に来た観光客が多いですが、修学旅行生も多いです。
6月は梅雨なのに、なぜか修学旅行多いです。でも、この日は晴れで良かったです。(晴れたのは良かったが、昼過ぎに光化学スモック注意報出ました。)

DSC01392_R.jpg 

DSC01393_R.jpg

IMG_3499_R.jpg

小学生の団体と遭遇。こればかりは仕方ないですね。
ところで、集合写真を撮影する時の合図が「はい、チーズ」じゃないて、「いち、にー、さん、ダー」だったのに少し戸惑いを感じた。いまどきの小学生はこうなのかな。

鎌倉はここまでにして、江ノ島へ向かうために江ノ電の長谷駅へ。

おなか減ってきたが、江ノ島で食事するので我慢。

続く。

アジサイの時期になると鎌倉に行きたくなる その一

2017.06.24.21:22

主題の通り、鎌倉に行ってきたのだ。
関東に行くついでがないので、休暇取って自力で行く事にした。

行きは夜行バスで。
大阪梅田から藤沢、鎌倉の方へ行く南海バスがあったので予約しておいた。

バス会社によって乗り場がまちまちなのは分かりにくいので勘弁して欲しい。
今回はJR大阪駅の桜橋口出てすぐのガード下だから分かりやすいし行きやすかったな。

夜行バスは伊豆、沼津行きについで二回目だから、それなりに慣れて寝れた。
ただし、一番前の席だったので、タイヤの振動が伝わって気分が少し悪くなった。

梅田22:35発で鎌倉には7時ごろに着いた。

JR鎌倉駅にある喫茶店で朝食を取り、しばし休憩した後、江ノ電の乗り場へ。
8時前なので通学の学生も多いが、どう見ても観光客も多かった。
鎌倉は今や有名観光地なので、平日でも観光客多い。

【ルート】
・江ノ電に乗り、まずは極楽寺から御霊神社を目指す
・御霊神社からは徒歩で長谷寺へ。
・鎌倉大仏を見てから、江ノ島へ行く

 その後どうするかは、疲れと時間の具合によって考えるというプランだ。

極楽寺駅


DSC01270_R.jpg 

ドラマやアニメに何度も出てきたので、わりかし有名になっている。
最近では、アニメ「南鎌倉高校女子自転車部」に登場している。

なお、今回は聖地巡礼するつもりはなかったが、知らぬ間に何箇所か行ってたりする。

江ノ電唯一のトンネル 極楽洞
DSC01272_R.jpg 

極楽寺
DSC01273_R.jpg

坂道を下って、力餅家の前をを通り御霊神社へ。
8時前なので、当然お店は開いていない。
ここのお店の横には、通称『あじさいポスト』があるのだが、あじさいがばっさり刈られてなかった。残念。

御霊神社

鎌倉で有名な撮影スポットである。

DSC01309_R.jpg 

電車とあじさいを撮れるから。
8時前なのに既に先客がいた。

奥のトンネルが先ほどの極楽洞
DSC01290_R.jpg

DSC01302_R.jpg 

DSC01294_R.jpg

DSC01299_R.jpg

あじさいもきっちり撮影。
DSC01289_R.jpg 
ガクアジサイの一種なんでしょうか?
見た事無かった種なので思わず撮影。

これもガクアジサイかな。
IMG_3479_R.jpg 

長谷寺

御霊神社から裏道を歩いて、アジサイで有名な長谷寺へ。
ピーク時は何時間も待つことがあるが、平日で9時前という早い時間だったので待つ事無く入る事ができた。

鎌倉駅から直でいく場合は、江ノ電の長谷駅下車です。

DSC01311_R.jpg 

DSC01350_R.jpg

DSC01351_R.jpg

斜面に咲くアジサイ
DSC01346_R.jpg 

DSC01326_R.jpg


かなり変わった花びらのアジサイ

DSC01321_R.jpg 


DSC01325_R.jpg


小生はっきり言って、アジサイの品種分かりません。最近、アナベルと言う名前を覚えたくらいです。

良縁地蔵
DSC01328_R.jpg 
何度が来てますが、いままで気づきませんでした。
何度も来ても、新たな発見があったりするものだな。

DSC01331_R.jpg

DSC01330_R.jpg

DSC01340_R.jpg

DSC01337_R.jpg

DSC01347_R.jpg 

DSC01329_R.jpg

DSC01344_R.jpg


今回はなぜか知らないが、変わったアジサイを多く見かける事ができて良かった。


最後に、和み地蔵

IMG_3486_R.jpg 


以前は全く気づかなかった。見落としてた。

腹立つ事が合っても、これを見れば心を鎮めることが出来るでしょう。

(豊田真由子さんに捧げたい写真だなwww)


次へ続く。
プロフィール

HTTひでき

Author:HTTひでき
電車とアニメを愛するアラフォーのおっさんのブログでおま!まぁひとつ見ておくんなはれ。

初音ミク、鉄道むすめも好きですね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

来訪者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR